見て聞いて動かせる、タッチ操作対応のダンボール製VRゴーグル「MilboxTouch」のプロトタイプ発表

ゴーグルに印刷された導電性インクのパターンを触るとスマートフォンを操作できる

ダンボール製VRゴーグル「Milbox(みるボックス)」を開発・販売するWHITEは、明治大学 宮下研究室およびサンメッセと共同研究して開発した、タッチインターフェース搭載型ダンボール製VRゴーグル「MilboxTouch」のプロトタイプを7月31日に発表した。

Milboxは、ダンボール製ゴーグルにスマートフォンをセットすることで、手軽にVRコンテンツを体験できるツール。新開発したMilboxTouchでは、明治大学の研究成果であるExtensionSticker技術を応用し、導電性素材を縞模様に印刷したシールをユーザーがタッチすることで、スマートフォンの画面に触れなくても、タッチ入力やスクロール操作が可能になった。

MilboxTouchのプロトタイプ
導電性インクで印刷されたパターンを触るとスマートフォンを操作できる

Milboxは、個人だけでなく、トヨタの自動車安全技術「Toyota Safety Sense」を疑似体験する販促ツールなど、企業のキャンペーンにも活用されているが、新型ゴーグルでは“見る”“聞く”にタッチ操作を加え、新たな体験やプロモーションの可能性を広げる。たとえば、不動産会社のVRコンテンツにおいて、ユーザー自身が操作してインテリアを選択し、部屋のイメージを体験するようなことが可能になるという。操作性のあるVRゲームなど、エンターテインメント領域とも相性が良い。

WHITEは、2015年4月にデジタルエージェンシーであるスパイスボックスの社内研究所が分社化して設立された。今後は、両社のデジタルマーケティング領域の知見と経験を活かしながら、MilboxTouchを利用したプロモーションの企画からコンテンツ制作まで、一気通貫で提供していくという。

Milbox
http://milbox.tokyo/

WHITE
http://255255255.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]