300台以上のスマートフォンに対してアプリやウェブサイトがテストできるサービス開始

NTTレゾナント、クラウド型検証サービス「Remote TestKit」で提供、基本工程を自動化

メディア・EC・システムソリューション事業のNTTレゾナントは、同社のクラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモートテストキット)」で、300台以上のスマートフォンに対してアプリやウェブサイトを自動でテストできるサービス「自動テスト/レポート」を始めた、と7月9日発表した。国内キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクなどの約180台とAT&T、Verizonなど海外キャリアの120台をそろえた。テストの基本工程を自動化しているため、手間を掛けることなくアプリのバグが洗い出せ、サービスを通じて開発者を支援する。

自動テスト/レポートはストレージ、指定機種自動試験、新機種自動試験の各サービスを提供する。ストレージはテストするアプリやサイトURLの登録やテストレポートを保存する。指定機種自動試験はテストをよく行う機種がグループ登録でき、OSのバージョンやメーカー別に作成できる。新機種自動試験は最新の端末に対して自動的にテストしてレポートを作成する。アプリの試験はインストールと起動、バックグランド退避と復帰、画面回転と復帰、サイトは複数の指定URLにブラウザでアクセスし、それぞれキャプチャーを取得する。

NTTレゾナント
http://www.nttr.co.jp/

Remote TestKit
https://appkitbox.com/testkit/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]