CMS「SITE PUBLIS」の無償版「PUBLIS Free on Microsoft Azure」を「Azure」で公開

ミックスネットワーク、SaaS型「PUBLIS 4 Cloud」全機能を30ページ・3ユーザーまで
よろしければこちらもご覧ください

CMS(コンテンツ管理システム)製品開発のミックスネットワークは、同社のCMS「SITE PUBLIS(サイト・パブリス)」シリーズの無償版を日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure(アジュール)」で4月27日公開した、と同日発表した。「PUBLIS Free on Microsoft Azure」と呼び、公開Webページ30ページ、ログインユーザー数3ユーザーの限定利用に限って無償で提供する。PUBLIS Free on Microsoft AzureでSITE PUBLISの利用機会を広げる。

PUBLIS Free on Microsoft Azureは、2014年12月に始めたSaaS型CMS「PUBLIS 4 Cloud」の全機能が、Webページ数とログインユーザー数限定で利用できる。PUBLIS 4 Cloudは、SITE PUBLISの最新版「4」とクラウドプラットフォームを組み合わせ、初期費用の低減、環境準備の高速化、インフラ関連管理コストの低減を可能にした。SITE PUBLIS 4は、マルチデバイス向けに最適化した配信エンジンや、Webシステム開発のフレームワークなどが強みのWeb配信プラットフォーム。

ミックスネットワーク
http://www.micsnet.co.jp/

PUBLIS Free on Microsoft Azure
http://www.sitepublis.net/free/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]