EC市場の競合を知る「競合サイト分析」サービスをネットショップ総研が提供

EC販促における研究機関としてのノウハウや成功事例を基に独自の分析サービスを開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/4/8 11:52

EC事業者支援のネットショップ総研は、EC事業者向けの「競合サイト分析」サービスを4月7日に提供開始した、と同日発表した。EC市場において「競合を知る」のは重要項目でありながら、実行できていない例が多い。ネットショップ総研は、EC販促における研究機関としてのノウハウや成功事例を保有しており、独自分析による競合サイト分析サービスを開始することにした。

競合サイト分析サービスは、「競合を知ることによって戦略再編の根拠とし、経営資源の最適化と売上向上を支援するサービス」となる。分析項目はProduct(製品)、Price(価格)、Promotion(宣伝)、Place(立地、流通)の4P分析をベースに、独自の92項目による調査を行い、過去1万件のサイト分析のデータと照合するほか、各社が提供するPRO版と競合分析ツールで同時分析して総合的に分析する。

ネットショップ総研
http://www.netshop-soken.co.jp/

競合サイト分析サービス
http://www.netshop-soken.co.jp/analysis.html

用語集
4P分析 / EC事業者 / サイト / データ / 分析 / 向上 / 売上 / 成功事例 / 戦略再編 / 最適化 / 競合 / 経営資源 / 販促
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]