ロックオン、デジタルマーケティング領域における分析レポーティングサービスを提供開始

広告効果測定システム「アドエビス」の計測データを専門家の視点で分析
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/1/15 11:10

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、デジタルマーケティング領域における分析レポーティングサービス「エビスレポーティングサービス」を1月14日に提供開始する、と同日発表した。同社の広告効果測定システム「アドエビス」の計測データを専門家の視点で分析し、質の高いレポーティングの提供が可能になるという。

エビスレポーティングサービスは、正確性と分かりやすさを兼ね備えた分析レポートサービスで、サイトに訪問しているユーザーの行動・特徴を可視化する「曜日×時間別ヒートマップ」、どの広告群に予算を追加し、どの広告群の予算を削減するべきかが判断できる「B.C.G.」、ビュースルーの概念も含めてクリエイティブの評価を行う「ビュースルーサマリー」などの機能を備えている。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

エビスレポーティングサービス
http://www.ebis.ne.jp/analysis/

用語集
アドエビス / クリエイティブ / ユーザー / レポート / 予算 / 分析 / 削減 / 可視化 / 行動 / 計測データ / 評価
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]