Yahoo! JAPAN、IoT事業者に向けた開発支援プラットフォームサービスを来春より提供開始

IoT製品のハードウェア事業者に、製品とWebサービスの連携のためのサービスやAPIを公開
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、コンピュータなどだけでなく、さまざまなモノに通信機能を持たせてインターネットに接続するIoT(Internet of Things)事業者の開発を支援するプラットフォームサービスの提供を2015年春から開始する、と12月4日発表した。2020年には世界のIoT市場規模は約350兆円に拡大し、対応する端末は300億デバイスになるという分野の課題はWebサービスの開発や連携、サーバー構築や運用などで、スムーズな製品開発や新規事業者の参入の障壁となっている。ヤフーのプラットフォームは主にIoT製品のハードウェア事業者に向け、製品とWebサービスの連携のためにサービスやAPIを公開していく。

ヤフーのプラットフォームサービスは、大手メーカーだけでなくスタートアップ企業の製品開発や新規参入を支援する。公開するAPIは、Yahoo! JAPANのサービスのほか、国内外のインターネット事業者の協力を募り、インターネットにつながる製品とサービスが集まるプラットフォームを目指す。同プラットフォームを活用したIoT製品は、ワイモバイルショップで販売するほか、ワイモバイルのネットワークを使ってIoT製品をインターネットに接続しやすくするなどの仕組みを提供していく。

Yahoo! JAPANプレスルーム
http://pr.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]