ヤフー、スマートデバイス向けのリッチ広告を開発・販売する子会社「リッチラボ」を設立

企業内起業家育成制度の法人化第1号、スマートフォンなどに最適な広告に注力して差別化
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、スマートフォン、タブレット端末などスマートデバイス向けのリッチ広告を開発・販売する子会社「リッチラボ」を設立し、9月1日に営業を始めた、と同日発表した。ヤフーの企業内起業家育成制度「スター育成プログラム」での法人化第1号となる。音声や動画など多彩な広告表現が可能なリッチ広告に関し、スマートフォンなどに最適な広告表現に注力して開発・販売することで、他の広告配信業者と差別化をする。資本金は4,500万円で、法人化した3人とヤフーの若手社員の計9人で構成する。

スマートフォン向け広告市場が急成長する中、パソコンと同様のリッチ広告をスマートフォンで掲載すると画面サイズの小ささから、ユーザーのサイト閲覧や操作を妨げる可能性がある。このため広告配信業者の多くは配信技術の工夫や営業強化に重点を置いている。リッチラボは、インターネット広告サービスの知識が豊富なヤフーのエンジニアとデザイナー経験者を中心にしていることを強みに、事業を進める。次世代デバイスを対象にした最先端の広告研究や、新規サービスの開発・実験も手掛ける。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

リッチラボ
http://richlab.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]