アクティブコア、レコメンドサービス「ac propoza」に効果を最適化するA/Bテスト実装

同じレコメンド箇所に異なるアルゴリズムに基づく内容を均等に表示、効果の検証が可能
よろしければこちらもご覧ください

行動ターゲティングソリューションのアクティブコアは、同社のレコメンドサービス「ac propoza(エーシープロポーザ)」に、レコメンド効果を最適化するA/Bテストの機能を7月1日に実装した、と7月15日発表した。A/Bテストは、2パターンのWebページの効果を比較するテストで、ac propozaのA/Bテスト機能では、同じレコメンド箇所に異なるアルゴリズムに基づく内容を均等に表示し、どれがより効果的か検証できる。

担当者は、比べたいアルゴリズムの選択から、レポーティングによる数値結果の比較検証まで1つの管理画面上で実行可能。仮説検証に基づくレコメンド運用負荷を軽減し、レコメンド効果を最大に高められる。A/Bテストのレポーティングは表示回数、クリック数(率)、コンバージョン数(率)、売上高、購入商品で、A/Bテストは、アルゴリズム、データの収集期間、固定表示とレコメンド表示の比較を対象項目にする。

アクティブコア
http://www.activecore.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]