さくらインターネット、専用サーバーサービス「さくらの専用サーバ」シリーズを改定

初期費用の有無が選択できるプランも導入、ストレージ用途に特化したシリーズを新設
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、専用サーバーサービス「さくらの専用サーバ」のシリーズを改定するとともに、初期費用の有無が選択できるプランを6月26日に導入する、と6月18日発表した。「エクスプレスシリーズ」「エクスプレスG2シリーズ」でインテルの最新プロセッサーを搭載したサーバーモデルに刷新すると同時に、ストレージ用途に特化した「アドバンスドシリーズ」を新設する。

初期費用は、これまでサーバーシリーズによって有無が決まっていたが、今回、全シリーズで初期費用ありとなしが選べる支払いプランを投入する。希望するサーバーモデルとプランを自由に組み合わせて選択できる。新たに設けるアドバンスドシリーズでは、4TBの大容量HDDを含むストレージが最大14台搭載できるサーバーモデルをラインアップする。さくらの専用サーバは、費用対効果の高さと最速10分納品が特長となる。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

さくらの専用サーバ
http://server.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]