Fringe81、米Facebookから「Facebook」広告がAPI経由で利用できる権利を取得

リターゲティング広告運用支援「Humpty」とシステム接続、管理画面で一括登録

インターネット広告技術開発・コンサルティングのFringe81(フリンジハチイチ)は、米Facebookから「Facebook」広告がAPI経由で利用できる権利を取得した、と5月21日発表した。Fringe81が開発・運営するリターゲティング広告運用支援ツール「Humpty(ハンプティ)」とシステム接続した。事前評価済みで効果が期待できるリターゲティングリストをHumptyの管理画面操作でFacebook広告の「ウェブサイトのカスタムオーディエンス」に一括で登録できるようになった。

ウェブサイトのカスタムオーディエンスはFacebook広告のターゲット設定オプションの1つで、自社サイトを訪れたことがあるユーザーに限定して再訪を促す広告をFacebook上で配信する時に利用する。Facebookで新たにリターゲティング広告を始める際、Humptyを使うことでリスト評価やリスト登録の時間を短縮する。Humptyは、リターゲティングリストの事前評価機能・一括登録機能があり、配信前にリストを評価し、効果が高いと判断できるリストの一括作成が可能。

Fringe81
http://www.fringe81.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]