電通、オウンドメディアの価値を総合評価する「ウェブロイヤリティ総合診断サービス」開始

トライベック・ストラテジーと業務提携して実施、診断結果の相関性を分析して改善策を提示
よろしければこちらもご覧ください

電通は、企業のオウンドメディア(自社媒体)の価値を総合的に評価する「ウェブロイヤリティ総合診断サービス」を3月に始める、と3月18日発表した。ウェブコンサルティングのトライベック・ストラテジーと業務提携して実施する。トライベックが提供する企業サイト診断サービス「ユーザビリティ診断」と、両社で開発した「コミュニケーション力診断」に、トライベックが新開発した顧客ロイヤリティ(忠誠度)やブランドロイヤリティを可視化する「ウェブロイヤリティスコア」を加えた。

各診断サービスを統合して活用し、それぞれの診断結果の相関性を分析して具体的な改善策を提示する。ユーザビリティ診断とコミュニケーション力診断は専門家が評価項目に沿って診断する調査で、ウェブロイヤリティスコアは対象になる生活者やユーザーに直接オンラインでアンケートを取り、10問の質問について11段階評価をしてもらうことでウェブロイヤリティスコアを算出する。結果に偏りがなく、どの項目が顧客ロイヤリティや売り上げに影響するのかを客観的に明らかにできるという。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

トライベック・ストラテジー
http://www.tribeck.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]