米ジャイブソフトウェア、「Jive」新バージョン「Jive Fall Cloud Release」提供開始

リアルタイムメッセージングの実装、外部連携の強化、モバイル機器への対応などを実施

企業向けソーシャルプラットフォームの米ジャイブソフトウェアは、同社のソーシャルツール「Jive」の機能を追加した新バージョン「Jive Fall Cloud Release」の提供を11月21日始めた、と同日発表した。リアルタイムメッセージングの実装、外部連携の強化、モバイル機器への対応などを行った。Jiveはメッセージやファイルの共有、ユーザー同士のコミュニティー機能などを備えている。

新バージョンは、同じグループやドキュメントを閲覧中のメンバーの状態を確認してメッセージを送信できるほか、グーグルのオンラインストレージ「Google Drive」との双方向同期や、メールサービス「Gmail」のメッセージからのディスカッション生成が可能で、「Facebook」「Twitter」と連携する。月額利用料は従来通り月額12ドル(約1200円)から。現行ユーザーも新機能が利用できる。

米ジャイブソフトウェア
http://www.jivesoftware.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]