デジタルガレージと電通、サイバー・コミュニケーションズなど、共同でデータサイエンス事業を開始

決済データ、購買行動データ、広告関連データを分析してマーケティング活動を最適化
よろしければこちらもご覧ください

ネット関連事業のデジタルガレージ(DG)、電通、インターネット広告のサイバー・コミュニケーションズ(cci)、広告代理店のアサツー・ディ・ケイ(ADK)は、企業のマーケティング活動の最適化を図るデータサイエンス事業を共同で開始する、と11月1日発表した。DGが蓄積した決済データとDGのグループ会社カカクコムの購買行動データ、電通グループの広告関連データを加工、分析して企業のマーケティング活動における顧客コミュニケーションの最適化を図るという。

データサイエンス事業はDG、電通、cci、ADKが2006年に合弁で設立した「CGMマーケティング(CGMM)」の商号を「BI.Garage」に変更して行う。CGMMはブログや「Twitter」などのソーシャルメディアを対象としたメディアレップ事業(インターネット上の広告代理店事業)を中心に、消費者が発信する情報を生かした広告ビジネスを展開してきた。商号の変更を機に、消費者に寄り添う広告マーケティング手法を提案することで事業拡大を目指す。

デジタルガレージ
http://www.garage.co.jp/ja/

BI.Garage
http://bi.garage.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]