DAC、ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」に「i-Effect」をASP提供

Logicadは次世代広告配信プラットフォームのi-Effectとの相乗効果で広告効果を最大化
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、インターネットマーケティングのソネット・メディア・ネットワークスが運営するDSP「Logicad」に対し、DACの次世代広告配信プラットフォーム「i-Effect」をASP提供する、と9月12日発表した。これまで広告主・広告会社向けにサービスを実施してきたが、同様の機能をLogicadに提供する。Logicadではバナー広告とDSPの相乗効果による広告効果の最大化が期待できる。

i-Effectは、ユーザーの行動履歴や好みに基づいてバナー広告やキャンペーンページの自動生成、最適化配信を行うプラットフォームで、バナー広告やリスティング広告などの効果を計測し、キャンペーン全体でどの広告がどの程度寄与したか分析できる。Logicadは広告配信最適化プラットフォームとなり、i-Effectによって最大1024のパターンからユーザー単位で最適な組み合わせに生成された広告が配信できるようになり、再訪問者増加が見込める。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

ソネット・メディア・ネットワークス
http://www.so-netmedia.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]