サイズ、CMS「HTML5 CMS-Web Meister」で公開ページ数を限定した「mini」の販売を開始

300ページに制限して料金を引き下げ、中小規模サイトや部署・部門単位での導入を想定

Web制作とCMS(コンテンツ管理システム)開発のサイズは、同社が展開するCMS「HTML5 CMS-Web Meister(ウェブマイスター)」で、公開ページ数を限定した「mini(ミニ)」の販売を6月1日に始める、と5月30日発表した。HTML5 CMS-Web Meisterには機能によって「Standard(スタンダード)」「Lite(ライト)」があるが、miniはLiteの機能そのままでページ数を300ページに制限し、料金を下げて利用を容易にした。

Standard、Liteは、中小規模サイトや部署・部門単位で導入するにはコスト面で難しいケースがあるため、miniを販売する。HTML5 CMS-Web Meisterは、分かりやすい操作性とリッチコンテンツのCMS化、マルチデバイス対応が特徴。StandardとLiteの違いはワークフロー管理の有無。miniはライセンス費用60万円、月額6万円となる。StandardとLiteのライセンス費用はどちらも200万円、月額は25万円から、15万円から。

サイズ
http://www.x-yz.co.jp/

Web Meister
http://www.web-meister.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]