ヤフー、政治家サイトの乗っ取りを防止する「サイバーセキュリティサポート」を開始

デジタルハーツと協業、セキュリティホールの有無や情報漏えいの可能性を診断して報告
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、政治家のウェブサイトの乗っ取りを防止するサービス「サイバーセキュリティサポート」を5月13日始めた、と同日発表した。ソフトの不具合検出(デバッグ)サービスを展開するデジタルハーツとの協業で実施する。インターネットを利用した選挙運動が可能になったことを受け、政党、政治家のネットによる情報の信頼性を維持する。

サイバーセキュリティサポートは、立候補者、国会議員、政党が対象になる。ウェブサイトのセキュリティホールの有無と、外部侵入による情報漏えいの可能性を診断する検査などを行い、セキュリティの課題を抽出。結果を「テクニカルレポート」として示す。デジタルハーツは、サイバー攻撃から情報資産を守るサービスを4月1日に始めている。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

デジタルハーツ
http://www.digitalhearts.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]