IIJ、従量課金のコンテンツ配信プラットフォーム「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」を提供開始

サービス利用者は、自社サーバーに負荷をかけることなくWebコンテンツを配信
よろしければこちらもご覧ください

ネット関連サービスのインターネットイニシアティブ(IIJ)は、完全従量課金制のコンテンツ配信プラットフォーム「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」を4月15日より提供開始する、と同日発表した。IIJの大容量バックボーンに直結した配信プラットフォームでWebコンテンツをユーザーに配信する。サービスの利用により、ユーザーは自社サーバーに負荷をかけることなくWebコンテンツ配信が可能になる。

IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービスは、従来の配信サービスのように転送量に応じた従量課金と月額基本料金、リクエスト課金、ストレージ料金などを組み合わせた複雑な料金体系をとらず、データ転送量に応じた従量課金制(15円/1GB)のみのシンプルな料金体系で、初期費用や月額基本料金は不要となっている。独自ドメインによるSSL暗号化通信に対応しているため、問合せフォームやECサイトの決済フォームなど、秘匿性が必要なWebページにも利用可能。サービスはIIJバックボーンに直結したデータセンターに設備を置くため、ネットワークの遅延を最小限にするほか、快適なWeb閲覧環境、最大20GBのファイル配信を実現している。

インターネットイニシアティブ
http://www.iij.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]