コムスコア・ジャパン、日本の動画サイト利用動向調査でトップ3はGoogle、ドワンゴ、FC2

YouTube公式チャンネルでは、VEVO、フジテレビ、Sony Music Entertainment Japanの順

インターネット利用動向調査のコムスコア・ジャパンは、オンライン上の動画サイトに関する調査「ビデオ・メトリックス」で分析した日本の動画ストリーミングサイト最新利用状況に関する2012年12月のレポートを2月19日発表した。調査によると2012年12月にオンラインで動画を視聴した人は6093万人で、「Google」、「ドワンゴ」、「FC2」がトップ3となった。YouTube公式チャンネルでは「VEVO」、「フジテレビ」、「Sony Music Entertainment Japan」がトップ3だった。調査は家庭と職場を合わせた15歳以上のインターネットユーザーを対象に、オンライン上のストリーミングの消費について計測し、2012年12月の月間総数を推計した。

上位3サイトの男女比は男性約6割、女性約4割で、FC2は他の2サイトよりも男性の割合が多かった。Googleは35~44歳と55歳以上の割合が他の年代よりも比較的高く、ドワンゴは男女ともにもっとも割合が高かったのは15~24歳だった。利用数の多い動画サイトで4位以下は、「Ustream」、「DAILYMOTION」、「Anitube」が続いた。YouTube公式チャンネルの4位以下は「avex」、「TBS」、「Maker Studios」などだった。テレビ局の公式チャンネルではフジテレビ、TBS、「テレビ朝日」がYouTube公式チャンネルのトップ10にランクインした。YouTube公式チャンネルにおける視聴者1人あたりの平均視聴分数では、1位はVEVOで19.5分、2位はテレビ朝日で14.6分、3位はavexの12.3分だった。

コムスコア・ジャパン
http://www.comscore.com/jpn

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]