D2C、モバイルを活用した広告の普及と発展を目的とした「第12回モバイル広告大賞」の応募受付を開始

モバイルに特化した広告賞として、モバイル広告/マーケティングの進化を発信
よろしければこちらもご覧ください

モバイルマーケティング事業のD2Cは、モバイルを活用した広告/マーケティングの普及と発展を目的とした広告賞「第12回モバイル広告大賞」の応募受付を2月15日より開始する、と同日発表した。2012年の第11回モバイル広告大賞では、多数の作品がスマートフォンを活用しており、GPSやソーシャルメディアなどの手法を複合的に取り入れたり、ゲーム性、双方向性、利便性が充実した作品が目立った。第12回モバイル広告大賞では、モバイルに特化した広告賞として、モバイル広告/マーケティングの進化を世界に向けて発信していく。

第12回モバイル広告大賞は、2012年4月1日から2013年3月31日までにスマートフォンやフィーチャーフォンなど各種モバイル端末で掲載・実施した広告とキャンペーン、マーケティング・コミュニケーションの事例を対象とする。応募作品から優秀な事例や表現力・デザイン性に優れた作品を選出し、表彰を行う。作品は2月15日から4月16日まで、「モバイル広告大賞」の公式Webサイトで募集する。

D2C
http://www.d2c.co.jp/

モバイル広告大賞公式Webサイト
http://www.mobileadawards.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]