Google、2012年の国内における旅行業界関連の検索キーワード動向で、検索ボリュームが15%増

検索に使用する端末はPCが約6割、スマートフォンが約3割、従来型携帯が約1割
よろしければこちらもご覧ください

Googleは、2012年の国内の旅行業界関連の検索キーワード動向を12月13日発表した。旅行系ワードの検索ボリュームは、前年比で15%増加した。検索に使う端末は、PCが約6割、スマートフォンが約3割、従来型携帯が約1割だった。タブレットからの検索が約3%あった。また、2月のピーチ航空の就航、それに続くジェットスター、エアアジアの就航とLCC(格安航空会社)の参入は、急上昇ワードランキングにも反映している。旅行系検索キーワード動向は、2012年1~11月のGoogleの検索エンジンにおける検索ボリュームをもとに作成した。

旅行関連ワード全体の順位は1位「ANA」、2位「じゃらん」、3位「JAL」、4位「楽天トラベル」、5位「ディズニーランド」、6位「スカイマーク」、7位「HIS」、8位「USJ」、9位「JTB」、10位「ディズニー・シー」の順。国内旅行の行き先別では1位が京都、2位大阪、3位名古屋、4位沖縄、5位鎌倉の順。海外旅行の行き先別では1位韓国、2位ハワイ、3位グアム、4位台湾、5位イタリアの順だった。急上昇したキーワードは1位「ジェットスター航空」、2位「東京スカイツリー」、3位「京都水族館」、4位「ピーチ航空」、5位「LCC」。航空会社名では1位ANA、2位JAL、3位スカイマーク、4位ジェットスター航空、5位エアアジアと、LCC参入の影響が顕著に表れた。

Google
https://www.google.co.jp/

Googleトレンド
https://www.google.co.jp/trends/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]