ガートナーがハイプ・サイクル2012年版を発表、ビッグデータはピーク期直前に

31個のテクノロジと関連キーワードを選定した

ガートナー ジャパンは、2012年以降に企業のIT戦略に大きな影響を及ぼす31個のテクノロジと関連キーワードを選定した「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年」を10月3日に発表した。

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年

ガートナーのハイプ・サイクルは1,900を超えるテクノロジを92の分野にグループ化し、その成熟度、企業にもたらすメリット、今後の方向性に関する分析情報を企業の戦略/プランニング担当者に提供するもので、年に1回更新される。2012年版では重要テクノロジのうち、「クラウド・コンピューティング」は幻滅期に入りユーザーが冷静な判断を行う時期にあるとした。また「モバイル・コンピューティング」は過度な期待のピーク期に、「ビッグ・データ」は過度な期待のピーク期の直前に、「エンタプライズ・ソーシャル・ソフトウェア」は過度な期待のピーク期を脱し、幻滅期に移行したと評価している。

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年
http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20121003-01.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]