博報堂アイ・スタジオなど、PC、スマホなどに対応する「ソーシャルカタログCloud API」を提供開始

ソーシャルメディアの普及による情報発信の変化に対応し「ソーシャルカタログ」を改良
よろしければこちらもご覧ください

コンテンツ制作の博報堂アイ・スタジオと、博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンター(SMMC)は、「ソーシャルカタログ」をパッケージ化し、PCサイトやスマートフォンサイト、スマートフォンアプリ、「Facebookページ」などに対応して商品情報に口コミを反映できる「ソーシャルカタログCloud API」の提供を10月2日開始した、と同日発表した。ソーシャルメディアの普及で企業が一方的に情報発信を行う発想が変化して、生活者と共にブランドを作る形になりつつあるなか、2011年10月に提供した「ソーシャルカタログ」を改良して提供することにした。

ソーシャルカタログCloud APIは、特定の機能を持つプログラム部品(API)で提供するため、プログラム開発をすることなくプログラムとWebサイトを連携することができる。PCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末にも対応し、生活者の反応や口コミを取り込んだコミュニケーションを実現する。企業がサービスをFacebookページに導入すると、商品やサービスの支持率、口コミを知ることができる。このほか、担当者が管理画面を通じてマーケティング分析ができる、運用設定や投稿内容のチェックを簡単に実現可能などの特徴を持っている。

博報堂アイ・スタジオ
http://www.i-studio.co.jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]