ゆめみ、SaaS型エンゲージメント・プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」をバージョンアップ

ユーザーの活動をリスト化する「活動タイムライン」など、24種類のウィジェットを搭載

モバイルサービス企画・開発のゆめみは、ゲーミフィケーション(ゲームデザイン技術)を取り入れたSaaS型(必要な機能だけを提供するソフトウェア)エンゲージメント・プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」をバージョンアップした、と10月2日発表した。バージョンアップしたSprocketはバージョン2.0となり、ユーザーの活動や報酬の獲得をリスト化して表示する「活動タイムライン」など、全24種類のウィジェット(単機能でシンプルなプログラム)機能を搭載している。

Sprocketに搭載したウィジェットは、活動タイムラインのほか、「チュートリアルと達成状況を表示するウィジェット」「ランキングを表示するウィジェット」「現在の自分のステータス(マイステータス)を表示するウィジェット」「進捗状況(ブログレスバー)を表示するウィジェット」「報酬の獲得を表示するウィジェット」など。サイト内のHTMLにJavaScriptの記述を追加するだけで、24種類のウィジェットの利用が可能になる。

ゆめみ
http://www.yumemi.co.jp/

Sprocket
http://www.sprocket.bz/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]