電通、スマホを起点にしたキャンペーンプラットフォーム「Click AD(クリックアド)」を開発

広告物やコンテンツの静止画、動画、音声を信号として受け取り、スマホなどに情報を提供
よろしければこちらもご覧ください

電通は、マスメディアや店頭などのコンタクトポイントで展開する広告物やコンテンツをスマートフォンなどを介してスピーディーに認識し、広がりのある広告活動が実施できるキャンペーンプラットフォーム「Click AD(クリックアド)」を開発した、と9月28日発表した。Click ADは、関連する広告物やコンテンツが発する静止画、動画、音声などを信号として受け取り、スマートフォンを始めとする多機能端末ユーザーに有益な情報を提供する。広告メディアにとっては、各メディアの新しい価値の発見につながり、広告主にとってはひとつのキャンペーンプラットフォームで複数のコンタクトポイントを連携する統合的なキャンペーンの組み立てが可能になるという。

Click ADは、音声認識、画像認識、動画認識、位置認識、時限認識などの技術を組み合わせるため、あらゆるコンタクトポイントと多機能端末をつなぐことができる。クーポンやマイレージ、感情の可視化、AR(拡張現実)などの表現技術を活用することで、ユーザーに新しい体験を提供する。また、Click ADの技術基盤は、広告主が展開する既存キャンペーンに活用できるように、プログラムをASPサービスとして有償で貸与する。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

Click AD
http://www.clickad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]