アイレップ、検索キーワードの分析に基づく「コンテンツライティングサービス」開始

日本語と英語のPCサイトとスマートフォンサイトに対応、リソース不足の企業を支援
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、検索キーワードの市場調査・分析に基づいたウェブコンテンツのライティングを提案する「コンテンツライティングサービス」を7月27日に始めた、と同日発表した。日本語と英語のPCサイトとスマートフォンサイトに対応する。

社内のリソース不足が原因でコンテンツの品質や充実度を高められなかったり、SEO要件が盛り込まれていないため期待する効果が得られないといった企業が対象。料金はサイトの状況や要件によって都度見積もりとなる。新たなテキストのみの提供で、サイトへの実装は顧客が自ら行う。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]