ReachLocal Japan、オフラインの広告媒体ごとの効果測定サービス「TotalTrack」開始

雑誌、看板など媒体ごとに消費者が電話をかけてきた件数を知ることができる仕組み
よろしければこちらもご覧ください

中小企業向けインターネット広告コンサルティングのReachLocal Japan(リーチローカルジャパン)は、雑誌、看板などオフラインの広告媒体ごとに広告効果を測定するサービス「TotalTrack(トータルトラック)」を7月に始める、と7月3日発表した。媒体ごとに通話トラッキング用の電話番号を付けることで、各媒体を見て消費者が電話をかけてきた件数を知ることができる仕組みとなる。

同社は、検索広告を見た消費者からの電話件数を把握する検索連動型広告ソリューション「ReachSearch(リーチサーチ)」を展開しているが、オフライン広告に応用。広告主は、同社が付与する電話番号を広告に掲載することで電話してきた件数が分かる。通話記録はリーチサーチと同じ画面で一元管理でき、発信者番号、通話時間、広告媒体が確認可能。各広告の費用対効果が把握できる。

ReachLocal Japan
http://www.reachlocal.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]