博報堂DYメディア、「メディア定点調査2012」でメディアへの接触時間は飽和状態

携帯電話からのインターネットが幅広い年代に拡大して増加傾向、パソコンは減少
よろしければこちらもご覧ください

総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズは、生活者のメディアとの接触について分析する「メディア定点調査2012」の結果を6月13日発表した。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4媒体と、パソコン、携帯電話(スマートフォンを含む)の2媒体を合わせた6媒体への1日の接触時間は、東京地区で5時間51分と、2010年以降ほぼ同じとなり、生活時間の中に占めるメディア接触時間は、飽和状態になっていた。

パソコン、携帯電話からのインターネット時間が増加傾向にある中、東京地区で携帯電話は40.4分と、2008年から2.3倍以上に増加。従来多かった10代女性だけでなく、40代までの幅広い層で増えていた。その半面、パソコンからの時間がやや減少。スマートフォンの普及に伴い、パソコンから携帯電話にシフトしている、とみられる。スマートフォンの所有率は、東京地区で2011年の16.5%から31.0%にほぼ倍増していた。

ソーシャルメディアの利用時間は、東京地区で1日あたり23.3分。10~30代の男女が長くなっている。ソーシャルメディアを使用しながらテレビ番組を見るケースも増え、今後はインターネットと既存メディアの組み合わせが重要になる、と分析している。調査は東京都、大阪府、愛知県、高知県の15~69歳の男女を対象に、郵送で2月に実施。4地区合わせて2651サンプルが集まった。東京地区は659サンプル。

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]