コムスコア・ジャパン、日本の携帯電話利用状況でスマートフォンの6割がアンドロイド

スマートフォンユーザーは約2000万人、従来型も含むメーカーシェアはシャープがトップ
よろしければこちらもご覧ください

インターネット利用動向調査のコムスコア・ジャパンは、日本の携帯電話利用者の最新状況に関する分析レポートを4月24日発表した。4000人以上の携帯電話契約者を対象にした2012年2月までの3ヵ月平均で、スマートフォンのプラットフォームではアンドロイドが6割以上を占めた。スマートフォンと従来型の携帯電話を合わせた端末のメーカーシェアではシャープが4分の1近くとなった。

日本のスマートフォンのユーザーは1930万人と推測され、2011年11月から28%増加していた。プラットフォームはアンドロイドが61.4%で、アップルの34.2%、マイクロソフト3.9%と続き、2011年11月から比率に大きな変化はなかった。従来型も加えた端末メーカーシェアは、シャープが23.5%でトップ。次いでパナソニックの13.8%、富士通11.8%、NEC9.7%、ソニー7.5%。アップルは6.5%だった。

コムスコア・ジャパン
http://www.comscore.com/jpn/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]