アドビシステムズ、統合ソフト「Adobe CS6」のクラウド「Adobe Creative Cloud」開始

オンラインで5月11日発売、各アプリケーションをダウンロードして月額料金で使用可能
よろしければこちらもご覧ください

アドビシステムズは、同社のデザイン・開発者向け統合ソフト「Adobe Creative Suite 6(CS6)」を構成する各アプリケーションなどをダウンロードして月額料金で使用できるサービス「Adobe Creative Cloud」の提供を始める、と4月23日発表した。同社のオンラインストアで5月11日に発売し、販売店では6月に取り扱いを開始する。個人版は、年間契約で1ヵ月あたり5000円、1か月ごとだと月額8000円。「Adobe CS」各バージョンのユーザーには、8月31日まで月額3000円で販売する。

CS6には「Adobe Photoshop」「Adobe InDesign」「Adobe Illustrator」「Adobe Dreamweaver」「Adobe Premiere Pro」「Adobe After Effects」「Adobe Flash Professional」など14種類の最新版ソフトが含まれ、Creative Cloudに加入すると自由にダウンロードして利用できる。さらに、HTML5のデザイン・開発ツール「Adobe Muse(英語版)」と「Adobe Edge」プレビュー版も使用可能。 ファイルをクラウドに保存し、各機器から制作中のファイルにアクセスし、他のユーザーと共有できる。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

Adobe Creative Cloud
http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]