エイケア・システムズ、スマートフォンのメール受信形式調査で「画像添付型」の割合は72%

ドコモは添付型が主流、auとソフトバンクは出荷台数の多い機種で「読み込み型」を採用
よろしければこちらもご覧ください

メール配信システムのエイケア・システムズは、2006年10月から2012年2月まで発売のスマートフォン105機種におけるメールの受信形式調査を実施。4月4日、調査結果を発表した。スマートフォンのメールの画像表示方法は端末によってフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)のデコレーションメール(デコメ)と同じ形式の「画像添付型」と、PCのHTMLメールと同じ「画像読み込み型」の2種類ある。105機種のスマートフォンがどちらに該当するかを検証したところ、画像添付型が72%で画像読み込み型は28%だった。キャリア別ではドコモが添付型92%、読み込み型8%と添付型の比率が高かった。auは添付型63%、読み込み型37%で、ソフトバンクは添付型60%、読み込み型40%だった。

auとソフトバンクは添付型と読み込み型の比率がほぼ6対4となっているものの、出荷台数の多い機種では読み込み型が採用されており、実質的なシェアはそれほど差がないと推測できる。スマートフォンに対するメール配信は、端末の画像表示方法の違いによってデザインが崩れたり、画像が表示されないといった問題が発生する。画像読み込み型は、メールサイズの軽量化や表現力といったメリットから、今後は割合が増加することが予想できる。エイケア・システムズはメールマーケティング活性化のため、今回の調査結果を同社のメール配信サービス「MailPublisher」に反映していくという。

エイケア・システムズ
http://www.a-care.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]