ミックスネットワーク、CMS「SITE PUBLIS 3」の新バージョン「3.5」の提供を開始

HTML5への対応や編集画面のインターフェース改良、サイト管理機能の強化を実施
よろしければこちらもご覧ください

ウェブソリューションのミックスネットワークは、同社のCMS「SITE PUBLIS(サイト・パブリス)3」シリーズの新バージョン「SITE PUBLIS 3.5」の提供を3月27日始めた、と同日発表した。次世代のHTML標準のHTML5に対応したほか、編集画面のインターフェースを改良して操作を容易にするとともに、ウェブサイト管理機能を強化した。

HTML5によってHTMLだけで図形描写などの高い表現力が可能になった。スマートフォン向けはHTML5、PC用はXHTML1.0 strictのように、1つのソースでサイトのマルチデバイス一元管理もできる。編集画面では、ページのブロックの入れ替えがドラッグ&ドロップで直感的に可能になり、サイト管理機能はページ公開承認フローの強化などを図った。

ミックスネットワーク
http://www.micsnet.co.jp/

SITE PUBLIS
http://www.micsnet.co.jp/publis/home.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス