シトラスジャパン、「Google Analytics」対応のアクセス解析ASP「Access Reporter」開始

アクセスログのデータを分析してレポートを生成、問題点や改善策などを明示
よろしければこちらもご覧ください

多言語でのサイト制作とウェブコンサルタントのシトラスジャパンは、グーグルのアクセス解析ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」に対応したアクセス解析のASPサービス「Access Reporter(アクセスレポーター)」の販売を3月1日に始めた、と同日発表した。グーグルアナリティクスで取得したアクセスログのデータを分析してレポートを生成し、問題・改善点を示す。1ドメインで月2万円(税別)。3カ月の契約が必要。

利用者のグーグルアナリティクスと連動させてアクセスを解析する。アクセス数やページビュー、直帰率などの推移のグラフを作成してアクセスの傾向を見る基本統計、来訪経路の成果状況やサイトを離脱する要因を分析する機能などがあり、問題点と改善策を提示する。診断・分析結果のレポートは「エクセル」形式でダウンロードできる。導入時のパソコンの設定環境の変更は不要。申し込みから1週間程度で使用が可能になる。

シトラスジャパン
http://www.citrusjapan.co.jp/

Access Reporter
http://www.access-r.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]