ファーストサーバ、パブリッククラウド「Z Cloud」でNode.jsなどプリインストールを拡充

ネットワークアプリを構築するプラットホーム「Node.js」ほかOSなどをプリインストール

レンタルサーバーサービスのファーストサーバは、パブリッククラウドサービス「Z Cloud」のプリインストールパッケージにOSやデータベースなど計8種類を2月21日追加する、と同日発表した。追加するプリインストールパッケージはネットワークアプリケーションを構築するプラットホーム「Node.js」のほか、「Debian」「Ubuntu」「Fedora」などの汎用OS、データベースシステムなど。

Z Cloudは、突発的な大量のアクセスがあっても平常時の数倍のCPUリソースを自動的に割り当てるCPUバースト対応機能を持つパブリッククラウドサービス。利用者はプリインストールパッケージの中から必要に応じた環境を選択してサーバー環境を構築することができる。Z Cloudの料金は、1時間8.1円(Small1)から1時間34.3円(Large8)。

ファーストサーバ
http://www.firstserver.co.jp/

Z Cloud
http://z-cloud.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]