GMOクラウド、クラウドサービス「GMOクラウドPublic」で完全従量課金「Z00」開始

メモリ、ディスク容量など基本リソースがなく使用したぶんだけ1時間単位で課金

ホスティングサービスのGMOクラウドは、同社のクラウドサービス「GMOクラウドPublic」で、完全従量課金型プラン「Z00(ゼットダブルゼロ)」9月12日に始めた、と同日発表した。メモリ、ディスク容量など基本リソースがなく、使用したリソースにだけ課金する仕組み。初期費用や月額料金といった固定の運用コストが不要となり、用途や規模に合わせて費用を抑制して利用できる。

仮想サーバー数は無制限で、仮想サーバー単位でリソースを割り当て、必要に応じてリソースの増減が可能。1時間単位で課金する。HDD40GB、メモリ4GB、回線100M(ベストエフォート)、CPU4コア(Intel Xeon L5630 2.13GHz相当)の例で1時間約85円。アカウントを取得しておけば、必要な時にすぐに仮想サーバーが作成できる。アカウントを取得しても使用しなければコストははかからない。

GMOクラウド
http://www.gmocloud.com/

GMOクラウドPublic
http://www.gmocloud.com/service/cloud/public/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]