ヤフー、興味関心連動型広告「インタレストマッチ」のPC向け配信区分を細分化

従来の72区分を計1399区分にして商圏を細かく絞った顧客アプローチを可能に

ヤフーは、同社のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」で展開する興味関心連動型広告「インタレストマッチ」のPC向けサービスで、地域ターゲティング機能の配信地域区分を従来の72区分から、都道府県47、市区町村1352の計1399区分に9月12日細分化した、と同日発表した。広告主は広告配信地域を細かく指定して広告掲載でき、商圏を絞った見込み顧客へのアプローチが可能になる。

地元に商材を売り込みたい場合に設定地域が広過ぎるといった課題を解決する。これまでは、例えば愛知県だと蒲郡市、北設楽郡、新城市、田原市、豊橋市、豊川市が合わせて1つの区分だった。細分化で蒲郡市、北設楽郡、新城市のみを選択して設定できるようになった。同時に、これまでPCで広告掲載を行う際に自動的に適用していたスマートフォンでの広告掲載に関し、掲載するかしないかを選べるようにした。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

インタレストマッチ
http://listing.yahoo.co.jp/service/int/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]