NTTレゾナント、「シニアの情報端末保有状況に関する調査」で60歳以上のスマホ利用率は4.7%

普段よく利用している情報端末の第1位は「テレビ」、次いで「固定電話」「通常の携帯電話・PHS」

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、インターネットアンケートサービス「gooリサーチ」で60歳以上の消費者モニターを対象に「シニアの情報端末保有状況に関する調査」を実施。8月22日、調査結果を発表した。普段よく利用している情報端末についての質問では「テレビ」が87%でトップ、次いで「固定電話」が73.3%、「通常の携帯電話・PHS」が70.2%の順だった。デジタル情報端末では「デジタルフォトフレーム」が8.0%とトップで、次いで「スマートフォン」が4.7%、「タブレット型端末」が2.4%と続いた。デジタル情報端末の利用率は1割未満ではあるものの、一定数以上の利用がみられた。調査は6月17~22日に、60歳以上のgooリサーチ消費者モニターに対しインターネットを利用して実施。有効回答数は8393だった。

スマートフォン所有者のうちアプリをダウンロードした経験があるのは有料・無料合わせて86.1%、有料アプリは38.9%だった。タブレット端末所有者のうちアプリをダウンロードした経験があるのは有料・無料合わせて80.0%、有料アプリは47.0%だった。普段利用しているインターネットサービスについての質問では「オンラインショッピング」が69.3%でトップ。次いで「検索エンジン」が66.3%、「オンラインバンキング」が45.7%の順だった。平日におけるメディアへの接触時間の平均値は「パソコン」が3.2時間、「テレビ」が3.1時間と長く、「新聞」「ラジオ」「本、雑誌」「携帯電話・PHS」「タブレット端末」はいずれも1時間未満だった。

NTTレゾナント
http://www.nttr.co.jp/

gooリサーチ
http://research.goo.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]