ヤフー、クリエイティブの可能性を開拓する「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2011」開幕

本年度はHTML5賞と学生賞を新設、革新的なクリエイティブや広告活動を顕彰する
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、インターネット関連で革新的なクリエイティブ制作を行うクリエイターと、新しいインターネット広告の可能性を開拓した広告活動を顕彰する「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2011」を6月6日に開始した。

本アワードの応募期間は7月15日から8月10日まで。プロ、アマチュアを問わず、共同制作作品のエントリーも可能な「一般の部」と、2010年8月11日から8月10日に公開された企業・各種団体によるプロモーション作品を対象にした「企業の部」において、「バナー部門」「ウェブコンテンツ部門」「スマートデバイス部門」3部門で作品を募集する。

グランプリおよび各部門賞のほか、特別賞としてWeb上で公開されているAPI、もしくは、それに類するWeb上で提供される各種サービスを利用した作品を対象とした「Creative Hack賞」、本年度新設の「HTML5賞」「学生賞」を表彰する。審査は、ゲスト特別審査員として佐々木宏氏(シンガタ)を迎え、日本を代表する総勢15名のクリエイターによって行う。

作品の応募は、7月15日にオープン予定の公式サイトの応募フォームから行う。ノミネート作品は9月に審査を行い10月上旬に発表の予定。ノミネート作品を対象とした最終審査会の結果は、11月下旬の贈賞式および公式サイトで発表される。

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2011
http://creative-award.yahoo.co.jp/

関連記事
一般グランプリはYouTubeで100万再生突破の「iPad magic」、「Yahoo! JAPANインターネット クリエイティブアワード2010」結果発表

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]