ネットレイティングス、ソーシャルメディアの脅威検知「スレットトラッカー」開始

横断的に監視して報告、原因と状況の分析も実施して企業のリスクを軽減

インターネット調査のネットレイティングスは、企業ブランドや商品・サービスに関するソーシャルメディア上での脅威を検知して評価・分析するモニタリングサービス「スレットトラッカー」を5月16日始めた、と同日発表した。脅威をモニターして報告する「アラート」と、それに加えて脅威の原因と状況を分析・報告する「アラート&分析サービス」を用意した。それぞれ月額10万円からと同100万円から。

消費者によるソーシャルメディアでのネガティブな情報発信は、企業にとって重大なリスクにつながる可能性もあり、スレットトラッカーで素早い対応を可能にする。日本のソーシャルメディアを横断的に監視し、企業のリスクとなる情報を発見して報告。アラート&分析サービスでは、脅威の拡散度を基にした重症度や、リスクの要因の分析を行って報告する。

ネットレイティングス
http://www.netratings.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]