ネットレイティングス、ソーシャルメディアの脅威検知「スレットトラッカー」開始

横断的に監視して報告、原因と状況の分析も実施して企業のリスクを軽減

インターネット調査のネットレイティングスは、企業ブランドや商品・サービスに関するソーシャルメディア上での脅威を検知して評価・分析するモニタリングサービス「スレットトラッカー」を5月16日始めた、と同日発表した。脅威をモニターして報告する「アラート」と、それに加えて脅威の原因と状況を分析・報告する「アラート&分析サービス」を用意した。それぞれ月額10万円からと同100万円から。

消費者によるソーシャルメディアでのネガティブな情報発信は、企業にとって重大なリスクにつながる可能性もあり、スレットトラッカーで素早い対応を可能にする。日本のソーシャルメディアを横断的に監視し、企業のリスクとなる情報を発見して報告。アラート&分析サービスでは、脅威の拡散度を基にした重症度や、リスクの要因の分析を行って報告する。

ネットレイティングス
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]