アユダンテ、Twitterクライアント「つぶやきデスク」に検索フォルダ機能を追加

最大3つのキーワードを1つの検索結果として集計、CSVファイルにエクスポートできる
よろしければこちらもご覧ください

Webマーケティング支援のアユダンテは、同社が開発する企業向けTwitterクライアント「つぶやきデスク」の新機能として検索フォルダ機能を4月28日に追加した。

検索フォルダは、最大3つのキーワードを1つの検索結果として集計し、CSVファイルとしてエクスポートができる検索機能。検索フォルダを利用することで、これまで別々に管理していた検索結果を1つにまとめて閲覧できる。特定のハッシュタグをつけて発言したユーザーの集計、呼び名が複数ある商品についての評判の収集などを可能にし、集計業務の効率を向上させる。Twitter上の全データ、リプライ、ダイレクトメッセージのいずれかに絞り込んでの集計、手動での各ツイートの追加、削除なども行える。

今後さらに、ユーザー属性による絞り込み、キャンペーン応募などのユーザーを抽出しての自動応答メッセージ送信機能などの追加を予定している。

検索フォルダ機能
http://twdesk.com/feature/search-folder/

つぶやきデスク
http://twdesk.com/

アユダンテ
http://www.ayudante.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス