ファーストサーバとロックオン、「EC-CUBEクラウドサーバ」で管理者権限付きサービス提供

ECサイト構築ソフトのEC-CUBE利用に最適なサーバー設定がユーザー側で可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/4/7 22:13

レンタルサーバーサービスのファーストサーバとEコマース関連ソフト開発のロックオンは、協業によりロックオンのECサイト構築ソフト「EC-CUBE」とクラウドサーバーを同時に提供する「EC-CUBEクラウドサーバ」で、管理者権限(Root権限)付きでユーザーが自由に環境設定できる「セルフマネージドサービス」の提供を開始した、と4月7日発表した。初期費用は5万2500円、月額1万500円から。

EC-CUBEクラウドサーバは、従来、Root権限のない「マネージドサービス」のみが提供されていた。Root権限付きのセルフマネージドサービスでは、EC-CUBEに最適な環境を自由に設定できるため、大型ECサイト並みの高度なサーバー運用が可能になるという。

ファーストサーバ
http://www.fsv.jp/

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]