トランスコスモス、地デジなど向け「データ放送コンテンツアクセスログ解析サービス」を開始

アクセスログを取得しコンテンツ利用状況を解析、レポート化して提供
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、地デジや衛星放送で利用するデータ放送のアクセスログを解析する「データ放送コンテンツアクセスログ解析サービス」を開始した、と4月4日発表した。データ放送のアクセスログを取得し、コンテンツの利用状況を解析してレポート化する。レポートには総ページビュー数やプレゼント応募数なども含まれるので、コンテンツの改善や衛星放送の加入促進につながるという。

データ放送コンテンツの記述には通常のWebサイトとは異なる「BML」という特殊な言語が使われているため、アクセス解析技術が発達しておらず、利用状況は明確にされていなかった。同サービスは、ネットワーク上を流れる生のデータを取得するパケットキャプチャ型のアクセス解析ツールを使用することで、データ放送コンテンツのアクセスログ取得が可能になった。

トランスコスモス
http://www.trans-cosmos.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]