エイケア、「MailPublisher Transaction」にコンバージョンの測定機能を追加

レシートメールにレコメンド情報を差し込む効果の検証精度を向上
よろしければこちらもご覧ください

メール配信システムのエイケア・システムズは、ECサイトが購入明細・金額などを記載して送信するレシートメールにユーザーの好みや趣味に合わせたレコメンド情報を差し込む同社のソリューション「MailPublisher Transaction」に、商品購入や資料請求などの成果となるコンバージョンを測定する機能を12月10日追加する、と12月8日発表した。レシートメールによる効果検証の精度が上がり、マーケティング活動への有効活用が可能になる。

MailPublisher Transactionは、ユーザーの購買履歴、行動履歴などを解析して生成されたレコメンド情報を自動的にレシートメールに入れるソリューション。新たに加えるコンバージョン測定機能を使うと、購入商品や金額などの情報を管理画面からCSV形式でダウンロードできるようになり、成果の可視化が可能になる。レシートメールは重要情報が書かれているため開封率が高く、効果が見込めるという。ASPとパッケージがあり、ASPは初期費用20万円、1通1円。パッケージはライセンス費用450万円。

エイケア・システムズ
http://www.a-care.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]