オーリック・システムズ、リアルタイムウェブ解析ソフト「RTmetrics」の最新版を販売

レポート閲覧時の検索時間を短縮、レポート作成・分析を効率化する機能を拡充

アクセス解析ソフトのオーリック・システムズは、ネットワークに流れるパケット情報を取得するパケットキャプチャ型のリアルタイムウェブ解析ソフト「RTmetrics(アールティーメトリックス)」の最新版の販売を12月17日始める、と12月8日発表した。データベースのデフラグ機能の追加でレポート閲覧時の検索時間を最大5分の1に短縮するほか、レポート作成・分析を効率化する機能を拡充した。450万円から。

アクセスしてきた国や都道府県の判別に対応し、地域別アクセス数の表示、特定の地域からのフィルタリングなどを可能にするとともに、スマートフォンからのアクセスで機種判定の精度を向上。動作確認を目的にリアルタイムデータだけが取得できるテスト設定機能も追加した。RTmetricsは、PC向け、携帯用サイトとも同じシステムで同一の指標で解析できる。

オーリック・システムズ
http://www.auriq.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]