リクルート、ターゲティング広告「Recruit Audience Network」の販売を開始

運営サイトのユーザー情報を活用して属性に合わせてディスプレー広告を配信

リクルートは、見る人の属性に合わせてディスプレー広告を配信するターゲティング広告「Recruit Audience Network(リクルート・オーディエンス・ネットワーク)」の販売を12月7日始める、と同日発表した。同社が運営するさまざまな分野のウェブサイトに蓄積されたユーザーの属性情報を活用し、これまでの広告配信サービスのノウハウを組み合わせて商品化した。

国内総合宿泊予約サイト「じゃらんnet」、グルメサイト「ホットペッパー グルメ」、不動産・住宅サイト「SUUMO」など旅行、飲食、住宅、車、スクール、結婚などの領域で運営するサイトの来訪者を属性によってグループ化。広告主や販売事業者が獲得したい見込み顧客に対してだけアプローチする。広告配信は、同社と提携しているアドネットワークと連携して媒体のカテゴリーをコントロールしながら行う。

リクルート
http://www.recruit.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]