アユダンテ、「Twitter」クライアントの「ツイートデスク」正式版の提供を開始

機能強化して利用人数や機能に応じた有料プランをスタート、ベーシックは無料
よろしければこちらもご覧ください

ウェブマーケティングコンサルティングのアユダンテは、企業が運営する「Twitter」のアカウント管理に特化した同社のTwitterクライアント「ツイートデスク」を機能強化し、正式版として10月28日に提供開始した、と同日発表した。これまで無料提供してきたが正式版スタートに合わせ、利用人数や機能に応じて有料プランを始めた。ベーシックプランは無料のまま継続する。

正式版は、特定のウェブページを参照している時にすぐにツイート(投稿)できるアカウント切り替え機能付きのブックマークレットのほか、特定のキーワードでツイートしたユーザーを自動フォロー(登録)する機能や、イベント告知など定期的に投稿したいツイートを配信する日時指定投稿の繰り返し機能を搭載。ツイートに加え、ユーザーを対象にした検索も可能にした。有料プランは2年3000円(税別)から月額10万円(同)まで3種類。

アユダンテ
http://www.ayudante.jp/

ツイートデスク
http://twdesk.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]