CPIのレンタルサーバー、オープンソースのグループウェア「アイポ5」を導入

スケジュール管理やワークフローの他、ブログ、SNSなどの機能を利用できる
よろしければこちらもご覧ください

KDDIウェブコミュニケーションズは、ホスティングブランド「CPI」のレンタルサーバーにエイムラックが提供するグループウェア「アイポ5」を導入し、3月31日に提供開始した。

アイポ5は、グループウェアの基本機能であるスケジュール管理やワークフローの他、ブログ、SNSなどの機能を備えたオープンソースのグループウェア。CPIの共用サーバーの「シェアードプラン」と専用サーバーの「マネージドプラン」、ネットショップ向けの「ストアカートプラン」で標準提供される。

KDDIウェブコミュニケーションズによると、中小企業のグループウェアへのニーズはこれまでもあったが、会社規模や料金などの理由から、大規模または有料のグループウェア導入は難しい状況だったという。今回、レンタルサーバーにアイポ5を導入することで、中小企業のグループウェア利用促進を目指すとともに、導入先企業の業務支援を行っていくとしている。

CPI
http://www.cpi.ad.jp/

アイポ
http://aipostyle.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]