WEBOSSが広告効果測定可能なアクセス解析ツール「GETTER」のサービスを開始

従来のアクセス解析、広告効果測定と比べ高機能で操作の容易さが特長

ウェブマーケティングのWEBOSSは、高機能な広告効果測定が可能なアクセス解析ツール「GETTER」のサービスを11月18日開始する、と同日発表した。従来のアクセス解析、広告効果測定と比べ操作が容易で画面が見やすいという。少ない操作で重要データに到達でき、検索順位がわかる機能やExcelファイルでのレポート出力、複数ドメイン一括管理などの機能を搭載。メールレポートやサイト解析に役立つ改善指標の出力も可能。

さらにキーワードごと、アクセス元のサイトごとに分析できる経路分析や、ページごとにどこがクリックされているか直感的に見る機能があり、広告での直接効果と間接効果の解析などが容易に閲覧できる。パソコンの解析と同等機能が携帯サイト解析でも利用可能で、1つの管理画面でパソコンサイトと携帯サイトの解析が行える。

WEBOSS
http://www.weboss.jp/

GETTER
http://getter.weboss.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]