富士通総研が調査レポート「インターネットショッピング2009」、1年の利用13.9回

回数は増加傾向にあるものの平均利用金額は頭打ち、楽天系が4割近いシェア
よろしければこちらもご覧ください

富士通のシンクタンク、富士通総研はパソコンによるインターネットショッピングの現状を「インターネットショッピング2009」として調査レポートにまとめた、と9月24日発表した。過去1年間のネットショッピングの利用回数は平均13.9回で、同合計金額は12万2000円。利用したネットショップでは楽天系が4割近くを占めた。調査は今年4月28日~5月6日、1年間にネットショッピングを利用した10~69歳にインターネットで実施。1562件の回答があった。2001年に開始し、2回目が2004年、2006年からは毎年行い今年で6回目。

この1年のネットショッピングの平均合計金額12万2000円を同回数の13.9回で割った1回あたりの平均利用金額は8529円。回数は前回調査の13.7回からわずかに増え、増加傾向にあるものの、合計金額は頭打ち。1回あたりの平均利用金額は前回9051円、前々回が9133円で、縮小傾向にあった。

購入商品(複数回答)は「書籍・雑誌(57.8%)」「衣類・靴・バッグ・アクセサリー(49.4%)」「音楽CD・ビデオ・DVD(41.2%)」「ホテル・航空券・旅行(39.2%)」の順。ネットで購入した理由は「価格」が34.6%で、今回初めて「利便性」(31.4%)を上回った。直近1回に利用したネットショップのタイプで最も多かったのは、30.9%の「楽天出店ショップ」。「楽天直営ショップ」の9.0%を合わせると楽天市場のシェアは39.9%を占めた。次いで「アマゾン」の12.8%。

富士通総研
http://jp.fujitsu.com/group/fri/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]