ココマッチがLPOツール「ココマッチLPO」で設定可能な条件の数を拡大

20から50にして最大50万通りの設定を可能に

ASP事業、Webサイト制作のココマッチは、同社のLPO(ランディングページ最適化)ツール「ココマッチLPO」で、検索キーワード、訪問元URL、都道府県など1つのプランで設定可能な条件の数を20から50に増やし、最大50万通りの設定を可能にした、と7月21日発表した。検索キーワード、リスティング広告、訪問元のWebサイト、バナー広告、訪問者の都道府県により条件をつけることができ、たとえば「カニ 通販」で検索してきたユーザーはカニの商品ページに誘導し、「米 通販」で検索したユーザーには米のページに誘導する活用方法が可能。

LPOツールは、検索サイトからアクセスされる最初のページ(ランディングページ)の一部を、訪問条件によって動的に変更して直帰率減少やコンバージョン率の上昇を狙うWebマーケティングツール。ココマッチLPOは、1契約内で他社サイトを含めた複数のサイトが管理できる唯一のLPOツールという。

ココマッチ
http://www.cocomatch.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]