米FatWireがFatWireEngageとFatWireAnalyticsの最新版を発表

Engageはパーソナライズ機能、Analyticsはコンテンツ最適化機能を強化
よろしければこちらもご覧ください

Webエクスペリエンス管理ソリューションの米FatWire Software(ニューヨーク州)の日本法人、FatWireは、パーソナライズ機能を強化したFatWireEngage7.5と、Webコンテンツ最適化機能を強化したFatWireAnalytics 2.5の最新版を米本社が6月発表した、と7月1日公表した。FatWireEngageはターゲット化されたコンテンツや各セグメントにオンライン配信されるプロモーションコンテンツを割り当て、顧客セグメントを創造するためのルールエンジン。FatWire Analyticsは、さまざまな顧客セグメントを横断分析して、複数のページやサイトにまたがったコンテンツ効果も分析するツール。どちらもWebコンテンツ管理プラットフォームのFatWireContent Serverと連携して、ターゲット化と最適化したWebコンテンツを提供するという。

FatWire
http://cms.fatwire.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]